トップページへ
ネット21とはのページへ
会員一覧のページへ
無門塾のページへ
理事長だよりのページへ
人を偲ぶのページへ
その他の活動のページへ
リンクのページへ
お問合わせのページへ
二十一世紀情報産業
ネットワーク協同組合
170-0012東京都豊島区
上池袋4-12-13 2F
電話03-5567-0930
Fax03-5567-2618
21世紀情報産業ネットワーク協同組合
理事長だより:NET21ワールドレポート
2007/09/27(588)
 先ほど金沢から帰ってきた。昨日は、般若君の個展を見て、いつものように「イケミ」で、金沢風西洋料理?を堪能してきた。もともと近江市場の近所でやっていたのだけど、2年前に郊外に引っ越した。その時の内装を、般若君がうけもった。彼は学生時代に、イケミ(当時は赤門というお店だった)でアルバイトをしていた。その近江町市場も築地と同じく、生まれ変ろうとしている。

イケミの店主は、昭和16年生まれ。金沢ではフレンチの走りだった。キンダイ(金沢大学)がまだ街中にあって、片町なんかがにぎやかなころだ。京都の大学もそうだけど、郊外にでていくと、街の活気や文化がなくなってくると思う。街も、学生も衰退していく。

中秋の名月を見ながら、彼らと話をした。東京で見る月よりも、きれいに輝いていて、うさぎが元気に餅をついているようだった。

学生時代はお金はなかったけど、喫茶店にいったり、うれぶれた酒場で安酒を飲んでいても、「夢」があって、みんな楽しそうだった。そして、「出世払い」みたいな風習があった。仕送りがくるまで「つけ」にしてくれたり、通常よりも格安だったり・・

京都に「孝子」というお店があった。女優の安藤孝子さんが祇園でやっていたお店。縁あって、学生時代からちょくちょく遊びにいかせてもらっていた。「出世いたら玄関から堂々とはいってきよし」とうのが口癖だった。

月日が流れて、学生も社会人になり、街も移り変っていくけど、失いたくないものもいっぱいある。でも、いろいろな意味で、せちがらい世の中やね。

みんな月眺めながら、何を思ってるんだろう。明るい明日に希望を持っているんだろうか?行き詰った「今」からぬけだせずに煩悶していますか?

白玉の歯にしみとおる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり。

おいしく酒を飲める友達を持っていますか?

芸術の秋を堪能していますか?

さきほど天真庵の改装をやってくれた中西君と打ち合わせ。近所の歯医者さんが、自宅の一角にある古い建物を改装して、陶芸ができるアトリエを創りたい、という依頼をうけた。こんな素敵な話がでているこの街にいると、まだまだ大丈夫!だと思う。悲喜こもごもの秋。

明日は、素敵なライブをやります。あと2人くらいははいれそう。どうぞ希望のかたご一報ください!

感謝/野村拝


▲ページのトップへ
Copyright (c) 2005 NET21. All rights reserved.