トップページへ
ネット21とはのページへ
会員一覧のページへ
無門塾のページへ
理事長だよりのページへ
人を偲ぶのページへ
その他の活動のページへ
リンクのページへ
お問合わせのページへ
二十一世紀情報産業
ネットワーク協同組合
170-0012東京都豊島区
上池袋4-12-13 2F
電話03-5567-0930
Fax03-5567-2618
21世紀情報産業ネットワーク協同組合
理事長だより:NET21ワールドレポート
2007/08/08(581)
 うだるような暑さが続き、寝苦しい毎日ですが、お元気ですか?

さすがに、打ち水や、うちわだけでは、どうにもならず、先週末からクーラーをいれた。体は楽になるけど、ビールとか氷は、やはり自然の暑さの中でこそ、美味いと思う。 冷蔵庫やクーラーができて便利になったけど、不便なころのほうが、美味く食べれたものが多かったように思う。

日・月・火と3日間、NHKが、この街の取材に来た。正確にいうと、友達の陶芸家・「升たか」さんのアトリエと、彼の器で珈琲を出す天真庵の取材。「器夢工房」という番組。たった10分の番組に3日も費やす魂が気に入った。しかも、升さんのアトリエには、クーラーがない。一日目の夕方、汗ビッショリのスタッフたちが、「カキ氷」を食べにきた。男6人が子供のように無邪気にカキ氷をほおばりながら、談笑していた姿が印象的だ。

昨日は午後からの撮影の予定だったけど、「焙煎が見たい」ということで、午前中にこられ、焙煎したての珈琲を飲んだ。ハイビジョンのカメラで、珈琲の映像を写すと、湯気が香り立つ、ような感じの鮮明な絵になる。でも、香りや味までは、お客さまに届かない、のに、伝えたいという気持ちが伝わってきて、気持ちがよかった。

升さんは、長崎出身。天井桟敷でポスターを描いていたし、イラストの世界でも、一時代をつくった人。陶芸もわずかこの10年で、 「名人」の領域に到達する勢いがある。今年からは、新しい技法で「絵」をまた描き始めた。これもまた世界に飛翔していくようなものだと思う。

効率化ばかり求めて、生産拠点をシフトしたり、機械化したために、「ものつくり」の心が失われてきた感がある。絵を描く、音楽をする、書、お茶、お花・・・・ものをつくる、というのは、結局は「自分をつくる」ということにほかなならい。

ものをつくらなくなった昨今は、「人をつくらなくなった昨今」でもある。せっかく、今回は人間に生まれてきたのだから、なにか、わずかながらでも、美しい日本に生きた、「日本人」みたいな部分を 残したい、と思う今日このごろ。

今回の「器夢工房」は、9月9日の午前6時15分ころ、NHKのBSで放映される予定。

感謝/野村拝


▲ページのトップへ
Copyright (c) 2005 NET21. All rights reserved.