トップページへ
ネット21とはのページへ
会員一覧のページへ
無門塾のページへ
理事長だよりのページへ
人を偲ぶのページへ
その他の活動のページへ
リンクのページへ
お問合わせのページへ
二十一世紀情報産業
ネットワーク協同組合
170-0012東京都豊島区
上池袋4-12-13 2F
電話03-5567-0930
Fax03-5567-2618
21世紀情報産業ネットワーク協同組合
理事長だより:NET21ワールドレポート
2007/07/11(577)
 涙雨みたいに雨がふっています。みなさまお元気ですか?今日は久しぶりに「九州気骨の会」の友にもメルマガをおくります。

気骨の会の会長、元・フジテレビスポーツ局長の矢吹さんが天国に召されて3年になる。

いつかまたあの世で飲みたいと、いつも思っている。

福岡県人の知り合いにふたりの「米倉」がいる。ひとりは、わが師、ヨネクラボクシングジム会長、米倉健司。 もうひとり、どこへいっても、兄弟と間違えられた弟分、米倉健児。

その健司が先週旅立った。享年48歳。離婚してひとりで博多で 暮らしていたので、自室で静かに旅立っていったらしい。訃報を聞いたときには、わが耳を疑った。

早稲田を卒業して、共同通信に入社する時、東京から福岡まで、車で旅したことがある。東京から京都までは、すべてのインターで降りた。こころよく運転手をひきうけた松崎剛君に感謝しながら、後部座席でふたりでビールを飲んでいたので、インターごとに、「この近くの酒屋はどこ?」と聞いて、冷えたビールを調達しながら旅をした。京都についたら出来上がっていて、当時大阪にいた日経新聞の「たかみくん」と、先斗町界隈で飲んだら、騒ぎすぎて2件くらい、追い出された。

珍道中の最終地点、下関と九州を結ぶ、関門大橋にさしかかるころ、ラジオから静かなジャズが聞こえてきた。

Someday I would get a big diamondo for you.

会社を創業したばかりのぼくの心情を察して、「今の兄貴にピッタリの曲ですね」と静かにいった横顔が忘れられない。彼の、豪放磊落で破天荒な見かけとは、裏腹な内面をあらわしていたように思う。繊細すぎるほど、繊細だった。

最後にあったのは、新宿の末広亭の近くの「居酒屋」。彼が企画した「常磐津ライブ」に浴衣をきてでかけた。酒はもちろん歌舞伎、常磐津、落語などをこよなく愛する ナイスガイだった。でも、今の社会では、生きる場所を 失っている感もあった。薩摩上布の浴衣をきて、酩酊する姿が今でも脳裏に焼きついている。

「遊び」とか「ゆとり」とかが大切な時代だけど、そんな「余白」がどこにもないように、殺伐とした社会。

Someday I would get a big diamondo for you.

あなたは、どんなdiamonndo(夢)を持って生きているのだろうか?
for you. (誰)か、その夢を伝える人がそばにいるのだろうか?

こんな世の中を他人事のように憂いてもしかたがないので、get、自分でつかみにいかなくてはならない、と思う今日このごろ。

感謝/野村拝


▲ページのトップへ
Copyright (c) 2005 NET21. All rights reserved.