トップページへ
ネット21とはのページへ
会員一覧のページへ
無門塾のページへ
理事長だよりのページへ
人を偲ぶのページへ
その他の活動のページへ
リンクのページへ
お問合わせのページへ
二十一世紀情報産業
ネットワーク協同組合
170-0012東京都豊島区
上池袋4-12-13 2F
電話03-5567-0930
Fax03-5567-2618
21世紀情報産業ネットワーク協同組合
理事長だより:NET21ワールドレポート
2007/04/26(566)
おはようございます。夏日みたいな陽気だったり、またコートが必要な寒さの日があったり、まるで晦日がルシアンルーレットみたいな感じですがお元気ですかか?

月曜日は「順受の会」があった。論語に始まって、陽明学などを勉強したり、西郷さん、吉田松陰たちの残した魂みたいなものを勉強している。今年は「橋本左内」の啓発録を学んでいる。最初は渋谷の「商工会館?」みたいな場所でやっていたのだが、二次会が 渋谷の雑踏の中の居酒屋だと、せっかく勉強したものが、都塵の中でうすよごれて、帰った時には、何も残っていないような感があったので、池袋の天真庵でやるようになって、5年くらいになる。

今いろいろな場所で、「教育」の問題が語られ、理想な形として「寺小屋」の再生が望まれている。けど、「あるべき姿」を理路整然と語るのは簡単だけど、誰が先生をやるのか、どんな場所で、何を勉強すればいいのか・・・ まったく白紙な状態だと思う。

今は新入社員の研修などをやっている季節だと思う。たぶんマンネリなカリキュラムとか、どこかのコンサルタントに頼んで作ってもらったものを、押し付けているのだと思う。

でも、これからの時代が一筋縄でいかないことを、新人の人たちも、それを教えている人 たちも、肌で感じているのではなかろうか?

今日は夕方から「タイムドメインンの試聴会」だ。最近は、「いい音楽を聴きながら、食を考える会」みたいになってきた。

今一番大切なことは、「男(女)の子、いかに生きていく」・・・みたいなことではなかろうか?どんな時代がこようが、どんな困難なことが置きようが、帰ってこれる場所。そんな原点みたいな場所を「こころざし」というんだな、と月曜日の順受の会で教えていただいた。久しぶりに蕎麦を会で出すことができて、「天座」になった気分がした。

「共育」(ともに学ぶ)、「食育」(体においしく食べる)・・・・できる1歩から実践したいものだ。先人が残してくれたものは、「実践してこそ、わかる」ものばかり。

感謝/野村拝


▲ページのトップへ
Copyright (c) 2005 NET21. All rights reserved.