トップページへ
ネット21とはのページへ
会員一覧のページへ
無門塾のページへ
理事長だよりのページへ
人を偲ぶのページへ
その他の活動のページへ
リンクのページへ
お問合わせのページへ
二十一世紀情報産業
ネットワーク協同組合
170-0012東京都豊島区
上池袋4-12-13 2F
電話03-5567-0930
Fax03-5567-2618
21世紀情報産業ネットワーク協同組合
理事長だより:NET21ワールドレポート
2007/03/14(560)
 おはようございます。毎日のよに明治通りを押上まで車で通っています。 近くのバス停から「浅草行き」がでていますが、まっつぐ、明治通りをいくと、飛鳥山公園にぶつかり、王子駅をすぎて、東向島方向にいくと、白髭橋で隅田川を渡り、墨東へいくと、新しい天真庵があります。江戸の花見といえば「飛鳥山」と「隅田川の墨堤」と昔から落語や歌舞伎でもいわれてきました。そして江戸っ子といえば、初物食い。「女房を質にいれても、初かつおを喰う」という心いきです。

初物ぐいではありませんが、「オープンはいつですか?」という問い合わせを毎日のように頂戴し、気のはやい方は、「もうできているかもしれない思ってきました」という方も毎日のようにおられます。来週は桜が咲きそうですが、なんとかギリギリかな?という感じです。「ゆっくり時間をかけないとできないこと」が、ほんとうはいっぱいあります。日本人は仕事も「コツコツ」とやってきたし、料理も「コトコト」とやってきた民族です。ぼくのHPhttp://www.tenshinan.jp/cafe/にものせてあるけど、「天真庵ルール」をつくりました。少し「がんこおやじ風」だけど、「急いでいる人はこないでほしい」と思っています。せっかく長屋の街まできて「ゆっくりしたい」と思っているのに、ブロイラーのニワトリみたいにただ急いで喰うみたいな人がいると、落ち着かないですよね。

初物ぐいではありませんが、昨日はまだ現場の雰囲気が残る中で、「英語で蕎麦会」がスタートしました。藤原事務所の岩本先生が、「旅茶碗」よろしくお抹茶道具を持参いただき、現場とスタッフたちにも、お抹茶をふるまっていただき、感動された地元の人が、そのまんま英会話に参加する、というエピソードもありました。今日はタイムドメインの試聴会。どこがオープニングがわからないくらい、まるで桜がいつ咲いたかわからないうちに咲く、みたいに、天真庵が新しく結ばれようとしています。よかったら、「ついで」の時に遊びにきてください。

最近まわりに、心の病をもった人が多いような気がする。 太った細木さんが、「あなたは・・・でしょう」 とあてる以上に、「職場の人間関係におつかれ」「家族の問題をかかえ」「自分らしさを失った」人が、ほとんどではないか・・・・そんな気がする。こころを病むに適切な環境が、ありすぎるのだ。

これから春爛漫だけど、心の病をもった人たちも、この時期は花粉症みたいに一気呵成にやってくる季節。 自殺をする前に、一瞬明るくなったり、元気になったりすると、要注意だと聞いたことがある。

先日昔いっしょに働いた男の消息を聞いた。一見、元気だし、明るく、行動力もあるんだが、途中で 電機のヒューズが切れるような状況になり、前後不覚になり、いろいろな人に迷惑をかける。そんな人に「がんばれ」とか叱咤激励するのはタブーらしい。

心の病で、体調を壊し、その壊れた部分をなおす「薬」はあるみたいだが、心の病にきく「薬」 というのは、聞いたことがない。大いなる自然の中に身をおき、さらさらとながれる「気」をとりいれていくしかないような気がする。

今日くらいに届く、今月の月報、「みなさまへ」の中に書いているけど、「生きがいが・ない・人は、生きがいの・ある・人の1.5倍病私立が高い」そうだ。

お金だけではないもの、ほんとうに「自分がしたいこと」「なりたい夢」みたいなものを、まじめに考えて1歩づつすすんでいく時代。「人間だもの」ではありませんが、せっかく人間、しかも日本人に生まれてきたのだから、「日本人のDNA」を満喫したいものです。桜も堪能したい。

感謝/野村拝


▲ページのトップへ
Copyright (c) 2005 NET21. All rights reserved.